2月22日の猫の日を上手につかって猫の買い物をしてみる(゜o゜)

2月22日は猫の日。猫の日の由来を知らない猫バカのために、まずは猫の日の由来を調べてみた。

猫の日(ねこのひ)は日本の猫の日実行委員会が1987年に制定した記念日であり、2月22日に定められている。猫の日は世界各国で制定されており、ロシアは3月1日、アメリカ合衆国は10月29日である。International Cat Day (World Cat Day) は8月8日。

日本における猫の日は、愛猫家の学者・文化人が構成する猫の日実行委員会が一般社団法人ペットフード協会と協力して、「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日を」という趣旨で1987年に制定した。

2月22日を“猫の日”として、猫に関する各種のイベントやキャンペーンが行われるほか、猫に関する啓発活動も行われる。2月22日が選ばれた理由は、猫の鳴き声の「にゃん」「にゃん」「にゃん」と日本語の「2」「2」「2」の語呂合わせにちなんだもので、全国の愛猫家からの公募によって決定した。

引用元:ウィキペディア

”猫とともにこの喜びをかみしめる記念日”とは。なるほど。ふだん遊んでというお嬢の声や仕草をみてみぬふりをして仕事にいそしむことも多々あるが、この日ばかりはお嬢のいうことを全面的に受け入れることにしよう・・・なぞと心に誓ってみる。

猫の日のにちなんだ猫バカ泣かせの映像

猫の日を調べていたら、Yahooでこんな動画を発見した。なんでも、メキシコのペットフードメーカーが猫の日のために制作した、ニャンコのためのお祝い映像だとか。

猫の日のにちなんだWEBキャンペーン

猫の日にちなんだキャンペーンなどをいくつか集めてみた。

「ニャンモナイト」写真を募集

ニャンモナイト
イーブックイニシアティブジャパンが体を丸めて暖を取る猫の姿「ニャンモナイト」写真を募集している。募集期間は3月19日までで、結果発表は4月10日の予定とのこと。寄せられたニャンモナイト写真を1冊の電子書籍としてまとめるとのこと。

商品は次の通りだ。

・グランプリの賞品:ル・クルーゼの鍋+高級猫缶+eBook図書券540円
・特別賞:マカロンベッド+高級猫缶+eBook図書券540円
・入賞作品:高級猫缶とeBook図書券540円がプレゼント

>>ニャンモナイトの詳細はここでみれる。

「100万回生きたねこ」キャンペーン


100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

「100万回生きたねこ」は、、、、1977年に出版された佐野洋子作の絵本で、一匹の猫が輪廻転生を繰り返していく様を描いた作品。子供より大人からの支持を得ているとの評価も見られ、「絵本の名作」と呼ばれることも少なくない。

読み手により様々な解釈が考えられるが、それまで心を開かずに虚栄心のみで生きていた猫が、恋をして家族を持ち、大切な人を亡くすことで、はじめて愛を知り悲しみを知る…という、シンプルだが深いストーリーが印象的な作品である。

引用元:ウィキペディア

ちなみに「100万回生きたねこ」はミュージカルにもなっており、2013年版の主演は森山未來・満島ひかりだった。

キャンペーンの内容は次の通り。

・「100万回生きたねこ」にまつわるエピソードをTwitterで募集。「#100万回ねこ」というハッシュタグとともにツイートすると、優秀作品を投稿した14人に、同作品のオリジナルグッズがプレゼントされる。

・また、「100万回生きたねこ」に登場する猫のキャラクターにそっくりな猫の写真を募集。投稿された写真は専用のFacebookページに掲載され、そっくりな写真や「いいね!」の数多く付いた写真は、講談社の「絵本通信」に掲載する。

どちらも応募期間は4月19日まで。

>>「100万回生きたねこ」キャンペーンの詳細はここでみれる。

楽天の猫の日特集

楽天市場でも猫の日特集をやっていた。ちなみお嬢の身の回りのものは楽天市場で買っている。ポイントがパナイからだ。ただお嬢が好む猫の砂だけはAmazonが一番安いので別口である。

いちばんおもしろそうなキャンペーンはこれだった。
楽天猫

このにゃんこ福箱のボリュームがパナイので、いちどみてみることをおススメする。
>>にゃんこ福箱の詳細はここでみれる。

1年に1度の猫の日。この日ぐらいはお嬢のわがままを聞き倒ししてもいいかもしれない、と思った。

コメントを残す